星空スクエア(アーティクル)


金星がプレアデス星団を横断!


※日時は、特段の記載がない限り札幌における時間となります。

金星は地球より太陽に近い惑星(内惑星)なので薄明の時間帯に見えることが多く、空の明るさから普段は周囲の星が気になることは少ないと思います。
この金星が4月3日(金)~4日(土)にかけてプレアデス星団(すばる)を横切ります
金星とプレアデス星団を構成する星の位置関係は、4月3日(金)がメローペの近くで、4月4日(土)は少し東の方に移動してアトラスのすぐ横となります。
4月3日(金)の日没は18:05、薄明の終了時刻は19:42なので19:00くらいから観察できると思います。西の空に明るく輝いている金星に望遠鏡や双眼鏡を向けて観察してみましょう!
※この日の金星の光度は-4.4等とプレアデス星団よりはるかに明るいので、作画上、金星のトーンを落として作成しています。