星空スクエア(アーティクル)


ペルセウス座流星群が極大


※記載している時間は、特段の断りがない限り札幌における時間となります。

夏休み期間中の一大天文現象というと三大流星群の1つ「ペルセウス座流星群」でしょう。
このペルセウス座流星群が、8月12日(水)の22時頃に極大を迎えます。
この流星群の出現時期は、7月17日~8月24日とされています。
ちょうど夏休み時期と重なっていることから人気が高く、また見た目が派手な高速で明るい有痕流星が多いことから何か話題になる流星群です。
母天体はスイフト・タットル彗星で、流星群として存在が明らかになったのは200年ほど前ですが、おおよそ2000年前にはペルセウス座流星群と考えられる観測記録があることが分かっています。
国際流星機構によると、理想的な条件下における1時間あたりの出現数(ZHR)は、110個と予想されています。
なお、8月12日の薄明の終わりは20時32分、月の出が22時53分なので、空が暗くなるのはわずか2時間半ほどです。
また、22時時点での放射点の位置は北東の空、高度約30度と低いため、眼視可能な出現数は、光害の少ない場所でも1時間あたり30個程度と予想します。
平日ですが天気さえ良ければ確実に見えるため、是非観望してみてください。
 

""