星空スクエア


タイトル 説明 画像

半影月食

※記載している時間は、特に断りがない限り札幌における時間となります。

 11月30日(月)の宵に今年最後の半影月食が起きます。
半影月食とは、地球が作る影のうち、完全に太陽が光が遮られていな…

しし座流星群が極大

 11月17日(火)にしし座流星群が極大を迎えます。
 国際流星機構によると予測極大時刻は20時ですが、この時間のしし座は地平線下にあるので、放射点が昇ってくる23時頃から明け方が見頃となります。
この流星群は、母彗星(テンペ…

おうし座北流星群が極大

11月12日(木)におうし座北流星群が極大を迎えます。
おうし座流星群は、毎年9月中旬から12月初旬にかけて活動が見られる小さな流星群です。
この流星群は、プレアデス星団(M45)の南側に放射点を持つ北群(NTA)と、さらにその南側に放射点を持つ南群(STA)からなります。
国際流星機…

ハロウィンの夜にブルームーンを楽しもう!

 10月31日は、ヨーロッパ発祥の祭り「ハロウィン」です。ハロウィンは、秋の収穫を祝うとともに悪霊などを追い出すという一種の宗教的行事で、先祖の霊がこの世に戻ってくるとされています。日本でいうとさながらお盆のイメージに近いものがあります。
 今年のハロウィンは、いつもとちょっと違います。ハロウィンとブルーム…

オリオン座流星群が極大

10月21日(水) 14時にオリオン座流星群極大を迎えます。
この流星群は、眼視可能な流星群の中で2番目に流れる速度が速い流星群です。
母天体は、5月初旬に極大を迎える「みずがめ座エータ流星群」と同じハレー彗星(1P/Halley)になりますが、その違いは輻射点の位置にあります。みずがめ座η流星群…

""

火星が地球に最接近!

10月6日(火)の23:18に火星が地球に最接近します。
地球と火星の会合周期は約780日(約2年2カ月)ですが、火星の公転軌道の中心は太陽から大きく離れているため、大接近と小接近では2倍近くも距離の差があります。 今年の最接近は、距離

""

いて座λ星カウスボレアリス(2.8等)の食

※特段の断りがない限り、記載している時間は札幌における時間となります。

9月24日(木)の21時頃にいて座のλ星(カウス・ボレアリス:2.8等)が月齢6.7の月の陰に隠される現象(星食)が見られます。
「カウス」はアラビア語…

""

金星とプレセペ星団が接近

※記載している時間は、特段の断りがない限り、札幌における時間となります。

9月13日(日)の未明から9月14日(月)の未明にかけて、金星(-4.1等)がかに座の散開星団(M44:プレセぺ星団)に接近します。
最接近日時は、9…

""

小惑星セラフィナ(838)による掩蔽現象

※特段の断りがない限り、記載している時間は札幌における時間となります。

9月1日(火)の02時15分に小惑星セラフィナによるおうし座の恒星(GSC1818.1118)の掩蔽現象が起きます。
セラフィナは小惑星帯の外側の領域にある自転周期が15.7時間のやや球状のP型小惑星です。
直径約58kmほどなので、光度は15.1等と暗く存在感のない小惑星です。…

""

伝統的七夕(旧七夕)

今年の伝統的七夕は、8月25日(火)です。
新暦の七夕は7月7日、旧暦の七夕は8月7日と覚えてらっしゃる方もいるかと思いますが、旧暦の七夕は必ずしも8月7日ではありません。
深夜、空高くに見える織姫星と彦星が年に1回天の川を渡るのですが、天の川を渡るには、船に見立てた六日月が必要です。
今月の月齢6の日は、8月25日なので旧暦の七夕がこの日になる訳です。…